その17 日米のE-メール比較

ニューヨーカー達はそぞろ歩きの観光客をすり抜け、本当にテンポ早く、かなりの速さで歩きます。筆者もそのスピードに慣れてしまっているからか、日本からのお客様を案内する時などは、気をつけないと、速く歩きすぎてしまいます。そんなテンポ の速い、ニューヨーカーたちの E-mail は…続きを読む →

その16 ニューヨークに夏が到来

ニューヨークも、米国の独立記念日(7月4日) を経て、いよいよ夏本番という感じです。マンハッタンは夏休みをニューヨークで過ごす多くの 観光客で賑わい、そして入れ替わりに、ニューヨ ーカーはバケーション、夏期休暇に出かけます。 弊社では、消費財の小売への卸販売をしていますが、…続きを読む →

その15 シカゴ・ホームウェアショー

ホームに特化した巨大展示会 2016年3月5日〜9日の4日間、シカゴのマコーミックプレイス展示会場にて、International Home + Housewares Show 2016が開催された。これは、国際ハウスウェア協会(International Housewares Assoc…続きを読む →

その14 Japan by Design

2009年の話。 当時、日本のデザイン展をパリに引き続き、NYでも行うということで、準備を進めていた。経済産業省の強力なバックアップがあり、大型のイベントとなった。感度の高い、プロに見てもらおうということで、デザイン、インテリアの展示会であるICFFと同時開催、というか一つのホールをすべて…続きを読む →

その13 アメリカの展示会の特徴

さて、昔話はちょっと小休止して、アメリカの展示会の特徴を述べたい。 アメリカの展示会はある意味ドメスティックである。日本の展示会に似ているかもしれない。これは、欧州の展示会に比べてと言う意味である。 ドイツ、フランス、イタリア、どこをとっても大きな有名な展示会がある。ドイツなど、展示会その…続きを読む →

その12 ニューヨークへ

2008年の7月、私はニューヨークに赴任した。ジェトロ・ニューヨークは当時、ロックフェラーの一角のマグロウヒルビルの42階というすごいところにあった。映画「プラダを着た悪魔」の舞台になったビルである。タイムズスクエアからもすぐ、ロックフェラーのクリスマスツリーからもすぐというところで、ミッ…続きを読む →

その11 アメリカへ

その当時(2007年ごろ)、まだまだ中国市場はフロンティアであった。生産拠点としてみている日本企業、そして市場としての中国を見る企業も増えてきたころである。その10で書いた広州の展示会、多くの商談成果があった中であるが、多くのトラブルもあった。 通関のルール、トラブル、展示会でパスポートが…続きを読む →

その10 広州へ

2007年のゴールデンウィーク明けに9月の広州の展示会の準備を本格的に開始してからは、文字どおり不眠不休の体制となった。この間、3度ほど広州に事前準備というか調査に行った。主催者である広東省政府からはろくに出展者向けの情報提供がなく、このままでは日本パビリオンをまとめるのが困難であったため…続きを読む →

その9 日中首脳会談の結果

中国によく出張していたころ、2007年のゴールデンウィークごろであったか、経済産業省に呼ばれた(あるいは担当官が来られたか。。)。どうも日中首脳会談で、中国側から広州の展示会への協力要請があり、日本側は受諾したという。広州で開催される、中小企業展ということで、中小企業庁が所管、することにな…続きを読む →

その8 中国の勃興

マレーシアにいた90年代後半くらいから、中国が騒がしくなってきた。天安門事件直後、中国への日本企業の投資は激減していたが、徐々に頭角を現していた。マレーシアには98年から2002年駐在したが、その間、台湾企業がペナンから中国へという動きが活発であった。つぎにアメリカ企業である。そして、いよ…続きを読む →